更年期サプリとは?効果効能

女性は更年期をむかえると、特有の症状に悩まされます。
更年期障害と一般に言われていますが、その主な症状は、倦怠感やイライラ、冷えなどが主な更年期障害の症状です。

更年期サプリ
中高年を境に、女性ホルモンが変化することで起こるとされ、その程度は個人差がありますので様々ですが、重症化することもありますので、早めの対策が必要となってきます。

更年期障害に効く食べ物・運動・生活習慣・メンタルトレーニングなど、書状が様々なことから、これといった方法がないのが現実です。

医療機関へ行っての治療法もありますが、症状に応じて病状という形になり、薬に頼りたくないという人も少なくありません。

そこで、多い方が滋養強壮剤を服用しています。
養強壮剤には有効な成分が含まれているためそれを服用し続けることで更年期障害が緩和していくと期待できます。

その中でもマカは注目され、今までは、どうしても滋養強壮やマカは男性のイメージが強かったですが、実際に女性への効果も期待され現在使用している人が多いのは事実です。

一般的には、薬草からつくられていることが多いですから体にも安心して飲めるというわけです。



更年期サプリの成分

更年期障害は、女性ホルモンの分泌量の低下が原因で、自律神経のバランスが乱れることで起こりやすくなります。

更年期サプリを試してみたいという人が増えていますが、どんな成分が入っているか気になっている人が多いです。

更年期サプリによく含まれている大豆イソフラボンは、卵胞ホルモンのエストロゲンと似た働きをしており、生理不順を改善したり、ほてりやのぼせなどの症状を緩和する働きがあります。

更年期障害
亜麻の種子やぶどうの種子には、抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれているため、更年期障害に悩んでいる人に最適な成分です。

ビタミンB群は、脳神経の興奮を鎮める働きがあるため、更年期のいらいらを改善する働きがあります。

女性ホルモンの分泌量が低下してくると、骨粗鬆症に罹りやすくなるため、ビタミンDを摂取しておくと、骨がもろくなるのを予防できますし、興奮やいらだちを抑える働きがあります。

更年期サプリには豊富な成分が含まれているので、分量を守って服用すると良いでしょう。


おすすめの更年期サプリ

更年期サプリ 1位
full-me MACA(フルミーマカ)
〜 国産マカ45%増量!+葉酸約400μg・ショウガを配合してリニューアル! 〜
農薬不使用国産マカ100%使用(業界トップ国産マカ配合量)した、更年期女性のためのマカサプリフルミーマカです。
女性ホルモン:エストロゲン分泌が激減することで起こる、40代女性の憂鬱・イライラ・ホットフラッシュ・冷え・肌荒れといった、更年期の症状。
このホルモン分泌をサポートする”ベンジルグルコシノレート”が海外産マカに比べ十数倍含有されています。
分泌を促進したい!!毎月バラバラなリズムを一定周期にしたい!! という女性にもオススメです。

full-me MACA(フルミーマカ)の【注目ポイント】
*国産マカ業界TOP配合
*ホルモン分泌をサポートする成分“ベンジルグルコシノレート”を十数倍含有
*必須アミノ酸18種類、アミノ酸・ミネラル8種類、ビタミンも豊富に含有
*ヒアルロン酸・コラーゲンを含有した美容サポート成分、さらに卵角膜パウダー配合
*有用成分の吸収効率を高めるための”特許ソフトカプセル使用”
*敏感な時期でも飲みやすくするため錠剤ではなく無臭ソフトカプセル使用
*医薬品製造GMP取得工場で製造
*放射能検査も検出なし
更年期サプリ

更年期サプリ 2位
女性のミカタ
女性特有の悩みをもっと楽に!
ヨーロッパではホルモンバランスを整える婦人科系のハーブとして有名な「チェストツリー」を主原料に、カラダのむくみに効果のある「メリロート」「ウラジロガシ」を配合。
また神経系や代謝を正常に保つ働きのある「ビタミンB群」を配合し、PMSによるカラダの不調を改善としても人気!

PMS(月経前症候群)に効果のある配合サプリメント「女性のミカタ」
PMSの症状を【カラダ】と【ココロ】に重視し効果のある成分を配合。
女性のミカタ



更年期障害 メカニズム

みんななるの?更年期障害
ある程度の年齢になると、女性の体には様々な変化が見られるようになります。

更年期障害 メカニズム いわゆる更年期障害といわれる症状で、そのメカニズムは女性ホルモンの分泌量が関係しているといわれています。

更年期に入ったことが一番分かる症状は生理の変化です。

突然閉経してしまうというのではなく、それまで順調だった生理が不順になり、間隔が空いたりその逆で1か月に2回も来るなど乱れてきます。経血量も極端に少なくなったかと思えばびっくりするほど多くなったりと不安定であることが多いようです。

その他にも、急に火照ってきて汗を大量にかいたり、イライラや頭痛などといった症状が一つではなく重なって現れるのが更年期障害です。

ただ、これが誰にも起こることかといえば、そうでもないというのです。

更年期による女性ホルモンの減少は全ての女性に訪れることですが、生理が徐々に不順になる以外の不快な症状がほとんどない人も存在するようです。

更年期障害が起こる人と起こらない人の差はどこにあるのか、それはハッキリとは分からないようです。
しかし、気持ちが前向きで家事や仕事にと忙しく動き回っている人は症状が軽いともいわれているので、日頃からストレスを溜めこまず上手に気分転換することが大切なのではないでしょうか。


更年期サプリの定番とは

更年期障害とは、ホルモンバランスが崩れることで起こる症候群のことを言います。女性は50歳前後で閉経を迎え、女性ホルモンであるエストロゲンが低下します。これが原因で様々な症状が起こります。

更年期障害の症状が出た場合は、病院に行って治療を受けることも大切ですが、自分で生活を見直すことも大切です。食生活や生活リズムを見直したり、更年期サプリをうまく取り入れることで、症状と上手に付き合っていくことが望ましいでしょう。

定番の更年期サプリとしてまず挙げられるのがローヤルゼリーです。

中に含まれるデセン酸という成分が、自律神経やホルモンバランスを整えてくれます。もう一つ定番なのが、大豆イソフラボンです。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。

更年期障害に対して効果が高いと言われているのが、プラセンタです。プラセンタのサプリメントは、豚や馬の胎盤を原料にしています。エストロゲンの産生を促す効果があります。



女性ホルモンの働き

女性ホルモンの働き女性ホルモンは妊娠や出産に備えて女性らいい体を作る他、肌をきれいにしたり髪を丈夫にするなどの働きをしています。また健康面でも骨を強くしたり血管をしなやかにする、内臓脂肪をつきにくくするなど大きな働きをしています。


更年期になると女性ホルモンが減ってくるために髪の毛がパサパサになってきたり、ウエスト周りに脂肪がついてくるようになります。

また動脈硬化や生活習慣病にかかりやすくなったり、自律神経のバランスが崩れて更年期障害を起こすようになります。


このような女性ホルモンが減ることで起こる様々な障害は、更年期サプリを利用することで改善できます。

更年期サプリは不足しているホルモンと同じ働きをする成分が含まれているため、更年期の女性が悩んでいるホットフラッシュや手足の冷え、気持ちが不安定になるなどの症状を和らげます。

また肌がきれいになったり髪の毛の艶が戻り抜け毛が減る、痩せやすい体になるなど見た目にも大きな変化をもたらします。



更年期障害 メイク
明るいメイクで前向きに!
更年期障害の症状の一つに気分が滅入るというものがあります。

軽い鬱状態になりがちなので、気分を上昇させるための活動を積極的に行っていく必要があります。

その中でも簡単に行えるのが明るいメイクというものです。

綺麗になれて更年期障害の暗さを取り除いてくれるという一石二鳥な対策です。

更年期障害 メイク
メイクとは人からどう見られるかとても重要なものなので思い切って明るい色を取り入れるのがいいのですが、自分は鏡でも見ない限り見えないのに果たして明るいメイクは大事なのか疑問に思うかもしれませんが、明るい表情や雰囲気は周りの人が近寄ってきやすいですし、周りの人も明るく接してくれるようになるものです。

周りも自分も明るくなれば前向きで積極的な生活が戻ってくるものなのです。さらに、きれいに化粧をしたら出かけたくなるものです。

そういった社交的な行動こそが暗い印象を取り除き元気で明るいイメージを付けるのです。まずは化粧をして出かけてみることです。


更年期障害チェックポイント
更年期障害チェックポイント 更年期障害は汗をかきやすくなったり、顔のほてりやのぼせる状態があることが広く知られていますが、他にも多くみられる症状があるため、チェックポイントとして知っておくと良いです。

頭痛やめまいが頻繁に起こる状態や、手足の冷えそしてしびれ、腰痛や肩こりなどから背骨の痛みなど複合的にあらわれる場合があります。

便秘や下痢の回数が増える人もいますし、カサカサ肌になってかゆみの症状が出る人もいます。

イライラするときが増えたり、落ち込みやすくなる、不眠に悩まされることも更年期障害と関連がありますから、閉経後にこれらの症状が多く見られたときには一度病院で相談を行いましょう。

病院で治療を受ければ辛いのを我慢せずに済み、症状を緩和できる可能性も高まります。

男性でも更年期障害になる人がいて、女性と同じような症状があらわれますから、体調不良を感じたときには一度診てもらうべきです。
運動や食事の内容に気を付けるなど、生活習慣の見直しである程度改善される人もいます。


更年期障害の典型的な症状

更年期障害は、加齢や女性ホルモンであるエストロゲン分泌量の低下によって引き起こされます。典型的な症状としては、のぼせ、冷え、ほてりなどの血管運動神経系症状があらわれやすく、ホットフラッシュとも呼ばれています。ホットフラッシュは頭重感から始まります。熱い感じが頭や首、進んでいくと胸や背中に広がっていきます。

更年期障害典型症状
同時に頭から胸、背中にかけて汗をかき、発汗により体温が下がることでベトベトした感じが残ってしまいます。ホットフラッシュの頻度や程度、持続は人によって異なりますが、同じ人であってもその時によって異なります。一般的には、約2分程度持続すると言われています。ちょっとしたきっかけで更年期障害の発作が起こり、数日間続いて1、2ヶ月経ってからまた来るなどいつ発作が起こるかはわかりません。しかし、間隔は少しずつ長くなり、発作の持続時間もだんだんと短くなっていきます。他にも、自覚症状だけで原因となる病気が発見できない不定愁訴が起こることもあります。


ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは更年期障害の症状のひとつで、顔だけが急に熱くなり火照ってしまったり、のぼせてしまう状態や、大量の汗をかく状態のこといいますしかも、これらの症状は運動などをした後ではなく、何の前触れもない状態で起こりやすく、人と話している時や朝起きた時などに起こりやすいです
ホットフラッシュとは
ホットフラッシュが起こる原因は更年期障害による血行の悪化による女性ホルモンの乱れにあります。血管の収縮や拡張をコントロールしているはずの自律神経が乱れてしまうことで、女性ホルモンに乱れが起き、血行不良を改善しようと、血液の量を増やそうとします。しかし、その血液の量を増やそうとする働きにより、大量に血液が流れ込んでしまうため、のぼせやすくなったり汗をかきやすくなってしまうのです。

他にもストレスも更なる原因となる場合があるので症状が出たら焦らずにゆっくりと休むように心がけましょう

ホットフラッシュ症状が出やすくなったら、風通しの良い服装にしたり、首筋を冷やしたりして体温調節をしましょう。

女性ホルモンを増やすことが改善に効果的といわれているので、大豆イソフラボンが摂取できる食べ物やサプリメントなどで女性ホルモンを補っていきましょう。あまりにも辛い症状の場合は、医師に相談しホルモン補充治療などを受けると改善しやすくなるでしょう。


更年期障害にはこんな症状もあります
更年期障害は40代半ばから50代半ばにかけて女性がかかる病気と言われており、様々な症状が出ます。更年期障害になる原因は、女性ホルモンの急激な減少です。

更年期障害症状
40代をすぎると、女性ホルモンが減少してきます。この結果脳の自律神経中枢に影響を及ぼします。代表的な症状には顔のほてりやのぼせ、動悸息切れ、めまいなどがあります。日常生活を送っている何気ないときにめまいが起きたりするので、危険です。また不眠も更年期障害が原因で引き起こされます

女性ホルモンの減少により、ちょっとしたことにイライラしてストレスを溜め込んでしまいます。そのため、精神的なことが原因となって、食欲不振や不眠を引き起こします。こういったことが気になってしまい、自分の仕事や趣味に集中することができなくなり、倦怠感を感じることも多いです。こういった症状を感じ始めたらなるべく早く病院に行って自分にあった治療を行ってもらうことをおすすめします。


若年性更年期障害とは
若年性更年期障害とは、20代から30代の、まだ若い世代に、更年期障害に似た症状が出てくるケースをいいます

細胞が減っていくことで、エストロゲンが少なくなって、さまざまな体調の不調をもたらします。


若年性更年期障害とは
閉経後の女性が、更年期になりやすくなります

更年期は40代半ばから50代の女性に多く見られるのが一般的です。人生においても、多くのストレスを抱えやすい時期でもあり、それも心身の不調に影響すると言われています。若い世代の場合は、一概に決め付けることはできません婦人科系をメインとした体調不良であっても、原因がほかにある可能性もあるためです。自律神経失調症であったり、月経前症候群である可能性もあります。更年期症状に似たような不定愁訴を、20代から30代の女性が体に感じる時には、ライフスタイルを見直すことから始めると良いです。それでも症状に変化はなく、強くなるようであれば、産婦人科などでの診察も必要になってきます。



更年期障害の悩み

更年期頃から薄毛が気になりだして、育毛剤を教えてもらいました

50代に差し掛かる少し数年前から、更年期症状が現れ始め、それほどきつくはありませんでしたが、何となくすっきりとしない毎日を過ごしていました。誰もが通るものなので仕方がないとわかってはいましたが、女性ホルモンが減退しているからか、薄毛が気になるようになったのはさすがにショックでした。
更年期障害の悩み
髪が細くなり、特に頭頂部のボリューム不足は実感していましたが、たまたまお友達と紅葉を見に行った時の写真に写った自分の頭を見て、地肌が透けて見え、これは何とかしなければならないと女性用育毛剤の使用を決心しました。

とりあえずドラッグストアで、私のような50代くらいでも効果が出る育毛剤はないかと相談したところ、手ごろな値段のものを勧められたので試しに使ってみることにしました。

女性用育毛剤は優しい処方になっているものが多く、私は頭皮が弱いので心配でしたが、かぶれなどもなく安心して使用できています。毎日頑張って付けていると、髪に艶が出て、心なしか毛髪が太くコシが出てきたように感じています。このまま頑張って使い続けたいです。



生理痛や肌荒れにおすすめのサプリ!

PMSとは、月経前症候群または生理前症候群の略で知られています。

PMSの症状と言えば、月経不順や生理痛があげられます。そのようなつらい症状を改善させるサプリメントが今、注目されています。
生理痛や肌荒れ 名前をPMSサプリといいます。

このアプリは女性ホルモンのバランスを整え、生理痛や生理不順などからくる肌荒れを改善してくれます。

また、更年期障害も同時に改善させる効果があるようです。

サプリの中には美肌成分として人気のあるビタミンB群が配合されており、生理痛で悩む女性にとってうれしい内容になっています。生理前の肌を整えるためにもPMSサプリをおすすめします


更年期の冷え性について

女性の悩みのひとつに、冷え性があります。冷え性の人は、手足の先端が、慢性的に冷えている状態です。体が冷える原因は様々ですが、自律神経のバランスが乱れることも、原因のひとつだと考えられています。

ストレスなどによって、体温を調節する自律神経の機能が低下すると、夏でも冷え性になることがあります。また、更年期の女性は、ホルモンバランスが乱れることにより、血行が悪化して冷え性になることがあります。人間は、体の中心に血液を集めることで、体温を維持しようとするので、末端の手足の先には、血液が渡りにくくなるのです。

そのため、冷えの症状が出るのです。

更年期の冷え性
冷え性に悩む女性の中には、冷え性を改善するために、様々なサプリメントを摂取している人も少なくありません。現在、ドラッグストアやネットショップには、冷え性対策のサプリメントが各メーカーから販売されています

その中でも注目を集めているのが、αGヘスペリジンです。αGヘスペリジンは、みかんの皮などに含まれるヘスペリジンよりも、吸収率がアップした糖転移ヘスペリジンを配合しています。

ヘスペリジンは、末梢の血管を強くすると言われています。

体の冷えを緩和する効果があるαGヘスペリジンは、冷え性対策に適しています。口コミサイトでも、αGヘスペリジンの人気は高く、口コミサイトによってαGヘスペリジンを知った人も多いです。


更年期障害と生理

更年期障害の大きな特徴のひとつとして生理が終わるというものがあります

若い時はあんなにわずらわしく、生理なんて来なければいいのにと思ったことは一度や二度ではないはずです。しかしながら、いざ生理が終わり二度と来なくなるという状態になると女性は女性であることの必要性を失ったような気持になるのです。更年期障害と生理 不思議なものですが、まるで用なしと宣言されたような気持になり、一気に老け込んでしまうのです。母親として妻として頑張ってきた専業主婦ほどそういった状況になりやすいのです。

一方で出産の経験のなかった女性も同様な症状がでる人もいます。しかしながら共働きなどで仕事をしつつ家事をこなしてきた人や趣味などをもち積極的に家庭以外のものに打ち込んできたひとは更年期障害の症状によるダメージは軽いものです家庭だけにのめり込まずに趣味や仕事など色々な社会とのつながりが更年期障害の最大の敵であるストレスを分散させることができる手段のひとつであるといえます

▲ページトップに戻る