人生の転換期:ポジティブに過ごそう

更年期障害 転換期

年齢を重ねるほどなんとなくイライラしやすくなったり、顔が火照ったり、だるくて起き上がれないなどさまざまな不調を感じる方がいます。

これは女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で起こる更年期障害という症状です。

閉経に向けて徐々に女性ホルモンが減少するのに伴い、さまざまな不調が現れるもので、閉経を挟んだ前後5年間を指します。
更年期障害 転換期

何かと悲観しがちな更年期ですが、こうしたネガティブな気持ちは更年期の様々な症状を悪化させてしまうものです。

人生の転換期、新しいスタートと考えて更年期をポジティブに捉えることで更年期障害の症状も緩和するケースがあるのです。

更年期をポジティブに過ごすために、好きな趣味を見つけたり、調子の悪い時はゆっくり休んだり、ホルモンバランスの乱れを防ぐサプリを飲んだりなど様々な工夫をして不調を解消する工夫をすることが大切です。

人生は一度きりですからどのようなステージでも前向きに捉えることで心と体の不調を緩和することができます。

更年期障害 症状

自分なりの気分転換方法を見つけよう
更年期障害の症状を和らげたいときには、自分に合っている気分転換の方法を見つけるようにしましょう。

更年期障害については、日常生活の中でストレスを溜めないことも、症状改善を考えたときに重要となってきます。

いつもストレスを感じている方も、熱中できるような気分転換の方法を見つけていくことにより、ホルモンバランスも安定するようになり、症状の緩和を行えるようになるでしょう。

身体を動かすことが好きな方は、趣味としてスポーツを習ってみると、ストレス解消の他に血行促進やホルモンの分泌を促すことができ、効果的になってきます。

ただ、運動は身体に効果的になっていても、動くことが苦手に感じている方は、無理にスポーツに励むことにより大きなストレスを溜めてしまう心配もでて来てしまうのです。

動くことに苦手意識を持っている方については、音楽を聴いてみたり、料理を作るなど、行っていてリラックスできる趣味を持ってみるとよいでしょう。

▲ページトップに戻る