淑女ホルモンの能力

淑女ホルモンは懐妊や分娩に備えて淑女達好ましい体を作り上げる以外、肌をきれいにしたり髪を丈夫にするなどの行動をしています。また健康面でも骨をきつくしたり血管を温厚にする、内臓脂肪をつきにくくするなど大きな行動をしています。
更年期になると淑女ホルモンが減ってくるためにヘアーがパサパサになってきたり、ウエスト周りに脂肪がついてくるようになります。また動脈硬直やルーチン疾患にかかりやすくなったり、自律逆鱗のバランスが崩れて更年期障害を起こすようになります。
この淑女ホルモンが鎮まる結果現れる様々な障碍は、更年期栄養剤を利用することで改善できます。更年期栄養剤は不足しているホルモンと同じ働きをする根源が含まれている結果、更年期の女性が耐える絶頂閃耀や手足の寒気、ビジョンが不安定になるなどの身なりを和らげます。また肌がきれいになったりヘアーの秀麗が舞い戻り脱毛が鎮まる、痩せやすい体になるなど見た目にも大きな変化をもたらします。

▲ページトップに戻る