「プレ更年期」の乗り切り方

「プレ更年期」の乗り切り方プレ更年期

更年期症状とは、女性ホルモンの分泌が減り、ホルモンバランスが乱れたことで生じる様々な症状のことを言います。

閉経は女性であれば誰しもが必ずやってくること。
日本女性の場合、閉経の平均的な年齢は50歳前後が多く、更年期症状は閉経を挟んで10年の間に出ると言われています。

今回お話するのはその前の年代。
30歳代の後半~閉経前の方で、閉経はしていないのに、身体や心の不調を感じることがありませんか?

月経はまだあるし、更年期なんてまだ先と思っていても、身体の変化は知らず知らず起こってきます。
卵巣の働きが緩やかに低下してくる30歳代後半以降は「プレ更年期世代」と呼ばれます。

卵巣はまだ元気だけれど、ストレス、食生活の乱れ、過度なダイエット、環境ホルモンの影響で、更年期同様ホルモンバランスが乱れたり、自律神経が乱れて更年期と同じような症状が出たりすることがあります。

プレ更年期は30代後半~40代半ば

プレ更年期チェック

30歳代後半以降で閉経前で、なんか最近調子が悪いと感じる方、チェックしてみてください。
こんなことがあるなら、「プレ更年期」かもしれません。

  • 顔のほてり
  • 首から上に汗をかきやすい
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 腰や手足の冷えを感じる
  • 些細なことで怒りっぽくなる、イライラする
  • 気が落ち込む、くよくよ、憂うつ
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い
  • 以前より疲れやすくなった
  • 肩こり、腰痛、手足が痛む

プレ更年期チェック

プレ更年期世代はストレスが増える時期

卵巣の働きがゆるやかに低下してくるプレ更年期世代。

ちょうど30歳代以降のこの時期は、大きな仕事を任されたり、家庭では家事や子育てで心やからだにかかるストレスも増えます。

卵巣はまだ元気だけれど、ストレスから女性ホルモンのバランスや自律神経が乱れて、更年期と似たような症状が出てくるのです。

ホルモンバランスの乱れは病気リスクも増

女性ホルモンは女性の健康に大切なホルモンで、減少すると身体や心に変化をもたらします。
女性ホルモンによるバリア機能も弱まり、病気にかかるリスクも高まります。

骨粗しょう症、生活習慣病、がんなど、健康診断や定期健診は定期的に受けるように心掛けましょう。

プレ更年期を上手に乗り切るには

プレ更年期に影響を与えているものは「ストレス」です。
30歳代後半から50歳にかけては、仕事や子育て、介護のことでかかるストレスは大きいものです。

ストレスをなるべく抱えない、発散する、ため込まないようにする工夫が大切です。

ストレスは小まめに発散しよう

ストレスを減らすには小まめな発散がおすすめです。
たとえば、社外や屋上などで外の風に当たって一息入れる。また、好きな音楽を聴いたり、ドラマをみるなど、難でも良いので心がプラスに働くようなものを選んで取り入れるのが良いです。

楽しいことを探そう

道に可愛い花が咲いていたり、キレイな雲が出ていたり、身近なもので心が動くことってありますよね。そういうものを意識して探してみましょう。
カラオケに行ったり、家族や友人と遊んだり、趣味に没頭したり、とにかく楽しいことを探しましょう。

プレ更年期を上手に乗り切るには

マイナスな感情に慌てない

女性ホルモンが減少すると、マイナス思考になりがちになります。けれどマイナスな感情を反芻したり、くよくよ考え込むと余計に記憶に刻んでしまい逆効果です。

マイナス感情になっても「はいはい、これは女性ホルモンのせい~」と、割り切ってしまうのも一つの方法です。

深呼吸のすすめ

呼吸は、自分の意思で自律神経のバランスを調整できる貴重な方法です。気分が乗らず、イライラしたり不快感を覚えたりするとき、あるいはストレスを感じるときは、緊張状態で浅い呼吸になりやすいもの。

そのままでは交感神経が優位な状態が続いてしまいますが、このとき意識的に深く息を吐くと副交感神経の働きが高まり、自律神経のバランスを取ることができます。

深呼吸のすすめ

質の良い睡眠を心がける

睡眠は美容と健康の第一歩になります。
質の良い睡眠のために、寝る前はスマホやPCなどのブルーライトを見ないこと。
また、寝つきが悪い方は、入浴後30分で布団に入ると寝つきがよくなりますよ。

プレ更年期は医療機関に相談

辛い症状を一人で抱えていると、余計にストレスがかかり症状が重くなることも考えらえます。

忙しくて自分は後回しなんてこともあるかもしれませんが、更年期外来や婦人科に相談してみることをおすすめします。

ホルモン補充療法ですんなり改善されることも多いようです。
また最近ではプラセンタ療法も行われる病院もあるそうです。

また、更年期障害に効く漢方薬もありますので、各々に効果がある漢方を処方してもらうのも手です。

プレ更年期は医療機関に相談

 

月経がなくても避妊はしよう完全に閉経するまでは妊娠する可能性はあります。
出産の予定がない方は、思わぬ妊娠で慌てないためにも、避妊はきちんとしておきましょう。

プレ更年期 まとめ

プレ更年期がどんなものか、また上手な乗り切り方をお話しました。

まだ本格的な閉経ではないけれど、なんとなく感じる不調。この時期に気を付けることは「ストレス」です。

ストレスを無くすことは難しくても、減らすことはできますので、ぜひ自分を大切に、自分のためのメンテナンス時間を作って乗り切ってくださいね。

出典:
更年期はじまりのサイン|プレ更年期はどういう時期?|プレ更年期を知ろう!