もしかして更年期の障害?と思ったら

もしかして更年期の障害?と思ったら

更年期 いつはら?

更年期とは、女性の場合だと40代も半ばに入った頃から、不調を感じることが多くなる傾向にあります。

月経不順が続いたり、月経異常が出やすくなります。

年齢を重ねるごとに卵巣機能が衰えてきて女性ホルモンの分泌も少なくなっていきます。更年期がスタートいする時時期は、人によって違いはありますが、50代くらいが最も多くなります。

更年期は閉経を迎える前後の10年前後です。50歳がピークなら、45歳から55歳ということになります。

さまざまな更年期の不調をケアするために、更年期サプリを利用することもできます。

ホルモンバランスが乱れているのを、内面からサポートしてくれるのが、更年期サプリです。

更年期障害に対して有効な成分で、代表的なものを上げてみると、大豆イソフラボンがあります。

女性ホルモンである、エストロゲンの分泌が大幅に激減するために、更年期は引き起こるためです。ポリフェノールの成分も、更年期のサポート成分になります。

もしかして更年期障害

女性は閉経時期に差し掛かると、女性ホルモンの分泌量が減少することにより、更年期障害の症状が出やすくなります。

更年期障害の主な症状は、疲労、だるさ、肩こり、頭痛、腰痛、眼精疲労、ホットフラッシュ(のぼせ、火照り)、冷え、イラつきなど様々な症状があり、それらによって体に不調を感じやすくなります。閉経時期に差し掛かることで身体だけでなく心にも不安感などの変化が現れたら更年期障害を疑いましょう。

心身ともに変化が現れると、体調が悪くなったり、心にモヤモヤ感や寂しさなどを感じやすくなる人もいますが、改善するにはストレスを溜めずに趣味を見つけたりしましょう。軽い運動をするのも良いですし、手芸や好きなドラマ・映画などを見る事もオススメです。家事や仕事だけでなく自分の為に使える時間を作ることが大切です。

また女性ホルモンを増やすことで改善へと導くことができるので、女性ホルモンを同じ働きのある大豆イソフラボンなどのサプリを上手に摂取して女性ホルモンを増やしましょう。

大豆製品である納豆や豆乳、豆腐などを毎日の食事に摂り入れるのも良いでしょう。どうしても症状が辛い場合は、そのままにしておくと余計にストレスや不安が増え、症状が悪化する恐れもあります。そうならない為にも病院へ行き、ホルモン治療などにより改善することができるので、医師に相談していくことも大切です。

病院に行くメリット

更年期障害で病院に行くことにより、薬の力で症状の改善を行えるようになってきます。

更年期障害になってしまうことにより、頭痛やめまいの他に、精神的に不安定になってしまうなど、心身のトラブルとしての症状が現れるようになってきます。

これらの症状については、日常生活の改善だけでは解消することが出来ません。

病院に通った場合には、ホルモンの減少を改善するための薬を処方してもらえるようになるため、心身に起こってくる不快な症状の緩和を行えるようになってくるのです。

常にめまいや頭痛などの体の症状が気になっていた方も、症状を気にすることなく生活を送れるようになってきますし、イライラしやすかったり、鬱気味になっていた方も元気に生活を送れるようになるのです。

心身を元気に保てるようになってくるため、本人も気分よく過ごせる様になってきますが、そのほかの家族の方や友人についても、症状についての心配なく暮らしていくことが出来るのです。

▲ページトップに戻る