エストロゲンが更年期障害の原因?【心の不調】

更年期障害とエストロゲン

更年期障害では、不定愁訴と呼ばれる色々な症状が起きてきます。

女性ホルモンのエストロゲンは、

  • 排卵を促し出産の準備
  • 自律神経の調節
  • 骨密度維持
  • セロトニンの合成促進
  • など様々な働きをしています。

そのため更年期になりエストロゲンの分泌量が減少すると、ホットフラシュや頭痛などの一般的な更年期障害の症状の他に、心の不調を訴える人が多くなります。

セロトニンの生成低下

症状としては、理由が見当たらないのに漠然とした不安感が湧きあがったり、うつ気分になったり、何もしたくなくなるなどがあります。

酷くなると寝たきり状態になったり、自殺を考える人もいます。

これはエストロゲン低下に伴う自律神経の乱れと、神経伝導物質であるセロトニンの生成が低下するためと考えらえています。

ただ更年期障害によるものか、本当のうつ病なのか区別がしにくいため注意が必要です。

年齢的に更年期で心の不調や不定愁訴がある時は、迷わず婦人科で診察やホルモン検査をして貰い治療する事が大切です。

更年期障害と関わりの深いエストロゲンとは

更年期サプリなどで度々目にする機会も多い「エストロゲン」と呼ばれる成分ですが、これは女性ホルモンの一つで別名卵胞ホルモンとも呼ばれています。

女性らしい丸みのある体を作ったり、卵胞の成熟を促し、子宮内膜を厚くする役割を果たしています。

そのほかにも自律神経の働きを整えたり、骨の形成を促すなどの働きをしますが、エストロゲンの分泌量は加齢と共に減少していくため、更年期でイライラやめまいなどの症状が気になり始めたら更年期サプリを利用して身体の調子を整えると良いのです。

特に閉経が近づくと急激に減少してしまうため、不調を感じたら更年期サプリを利用するのがおすすめです。

近頃は市販でも沢山の更年期サプリが販売されているため、エストロゲンをはじめとする様々な有効成分が配合されています。

女性だけではなく、男性にとっても必要な成分であるため、加齢によって身体の調子が悪い時には女性でも男性でも同じように活用するのがおすすめです。

これってうつ?精神面の影響

閉経時期になる45歳~55歳あたりに起こりやすい更年期障害ですが、様々な症状が起きやすくなります。

頭痛や肩こり、ほてりやのぼせ、冷えなどといった症状により体調が崩れやすくなります。

また、体調面だけでなく精神面にも変化が起こることが多く、不安を感じやすくなったり、寂しさや突然涙が出るようなこともあり、これらの変化も更年期障害の症状に当てはまります。

閉経時期になることで、女性ホルモンの分泌量が減少していくことで自律神経が乱れてしまうため、様々な症状が出やすくなってしまうのですが、それらの症状により、ストレスが増えたり不安になることでうつ病の可能性も高まります。

うつ病の症状と更年期障害の症状は似ていて、判断しにくいですが、あまりにも辛い症状が続くようであれば、早めに病院へ行き、医師に相談しましょう。

相談することで、不安感が解消されたり、ホルモン補充療法により更年期障害を改善へと導いてくれるため、精神面にも影響が出て、日常生活に大きく影響が出る場合は、そのままにしておかずに家族に相談をしたり、病院へ行って原因を知ることも大切です。

▲ページトップに戻る