更年期に増える髪のトラブル

更年期に増える髪のトラブル更年期障害

更年期に入ると、それまでなかった髪のトラブルが出始めます。

更年期は女性ホルモンが減少することにより様々な身体や心の不調が出て、それを更年期障害と呼びます。

今回は更年期の現象の一つである「髪のトラブル」についてお話してみたいと思います。

更年期の髪トラブルの種類

更年期とは閉経の前後を挟んだ約5年を指します。

女性の身体は女性ホルモンでコントロールされていますが、更年期になるとその助成ホルモンの分泌量が減るために、白髪・抜け毛・薄毛・髪質の低下・頭皮の乾燥・髪のべたつきなど、様々な髪のトラブルが出始めます。

白髪

白髪は、頭皮にある色素細胞(メラノサイト)の機能が低下することで起こります。

白髪は誰もが避けれれないものですが、女性によっては気になる事柄ではありますよね。

白髪を防ぐためには、「紫外線」「ストレス」「皮脂汚れ」「食品添加物」「摩擦」という5大ダメージをできるだけ遠ざけるよう心がけたいものです。

白髪

抜け毛、薄毛

更年期の女性ホルモン低下によって、髪が元気に成長する期間が短くなってしまいます。
まだ髪の毛が細いうちに抜けてしまい薄毛になってきます。

更年期はストレスを抱える時期でもあるので、ストレスにより生じる抜け毛もまた薄毛の原因になっていることがあります。

女性男性型脱毛症(FAGA)

FAGA(女性男性型脱毛症)とは男性のAGAと同じように頭頂部の毛髪が比較的広い範囲で脱毛し、次第に地肌が目立つようになるのが特徴です。

女性の場合は男性のように、額が広くなる脱毛、M字の脱毛はなく、後頭部の脱毛が多いようです。

抜け毛、薄毛

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、全体的に髪の密度が低下する、女性に多くみられる脱毛症の総称をいいます。 生え際が後退するのではなく、頭髪全体が薄くなるのが特徴です。

髪のハリ・コシがなくなる

髪の毛が細くなったり、髪がパサついたりと、髪質が変化する悩みを抱える女性は多いようです。
シャンプーなどヘアケア商品は、年齢や自分の頭皮のタイプに合ったものを使用することで、改善できる場合があります。

頭皮の乾燥・べたつき

これは私の体験談です。

頭皮が痒くて痒くて我慢できなくなり、気が付くと常に頭皮を掻いてしまうことが起こりました。

ちゃんと洗っているのにフケも大量に出て「何かがおかしい」と気が付き皮膚科に行きました。

診察していただいたところ判明したのがカビが原因の「脂漏性皮膚炎」。

塗り薬とかゆみ止めの飲み薬を処方していただき、徐々におさまりました。

私の体験とは逆に皮脂の分泌量が低下で、炎症ができやすくなったりフケが発生しやすくなることもあります。

女性ホルモンは皮膚を正常に保つ作用をしますが、更年期に女性ホルモンが減ると、若いころにはなかった頭皮トラブルが出てくるものだと実感しました。

更年期の髪トラブルの対策

残念ながら、更年期や年齢を重ねる事で起きる髪質低下は避ける事ができません。けれども日々の中で髪や頭皮の健康を保つことで、髪トラブルを最小限に抑えることはできますので、髪にお悩みの方はぜひとも実行していきましょう。

シャンプー

地肌や毛髪に優しい低刺激のシャンプーを使いましょう。
ノンシリコンシャンプーや、アミノ酸シャンプーのシャンプーを選ぶと良いでしょう。

また、天然由来の洗浄成分を原料にしているシャンプーや、コラーゲンやケラチン、セラミド、アミノ酸などの毛髪と頭皮の保湿をしてくれる成分がしっかりと含まれたものもおすすめです。

地肌や毛髪に優しい低刺激のシャンプー

頭皮マッサージ

血流を良くする頭皮マッサージもおすすめです。
血行が良くなることで、むくみも解消してすっきりしますよ。

こめかみに親指以外の4本の指の腹をあて、4本の指で円を描くようにして、頭皮の表面を軽く動かします。
円を描くようにしながら、少しずつ上に頭頂部まで移動します。

頭皮マッサージ

カラーリング

白髪は黒髪より染料が定着しにくい性質を持っています。
白髪染めの染料は、染料によって刺激が強いため、皮膚炎を起こす場合があります。

必ずパッチテストするよう注意したうえで、髪の毛に負担をかけないよう、なるべく髪全体に塗布するのではなく、一部分に塗布することをお勧めします。

大豆イソフラボンの摂取

分泌されにくくなった女性ホルモンの代わりに、大豆のイソフラボンで補うようにしましょう。

イソフラボンは食品からではなくサプリメントの形で補うこともできるので、更年期になったら何等かの形で摂取しておくと良いでしょう。

更年期症状を楽にするためにできること

ウィッグ

最近のウイッグはデザインも豊富で、質もよくなりファッション性が高くなりました。

フルオーダー、セミオーダー、レディメードなどがあり、値段もピンキリで、数万円位から数十万円と幅があります。

手入れの仕方で変わりますが、ウィッグの寿命は手入れの仕方にもよりますが、おおよそ2年から3年とされていますので、寿命を考えて購入しましょう。

ウィッグ

更年期の髪トラブル まとめ

髪は女性の命と言いますから、更年期に起こる髪トラブルは、精神的につらいものの一つかもしれませんね。

髪のトラブルは避けては通れないものかもしれませんが、健康的な生活で、遅らせることもできますので、身体に良い食生活・質の良い睡眠・頭皮と毛髪へのいたわりを大切にしていきたいものですね。