更年期の女性の薄毛対策

更年期の女性の薄毛対策女性の薄毛対策

更年期になると髪のボリュームが減り、思うようにスタイリングできないと悩む女性が増えてきます。

更年期になるとさまざまな身体の不調を感じる方が増えてきますが、薄毛もまた更年期以降に増える症状のひとつです。
薄毛というと男性のものというイメージがありますが、女性もあります。

今回は、多くの女性の悩みのひとつである「薄毛」に着目、また薄毛の対策を解説していきたいと思います。

更年期以降になぜ薄毛になるのか

一般的に50歳くらいで閉経を迎えるとされていますので、45歳~55歳ぐらいの期間を更年期と呼ぶことが多いようです。

更年期は女性ホルモンのエストロゲンの減少で様々な身体の不調を感じるようになります。(症状の出ない女性もいます)
代表的な症状としては、のぼせ、冷え、頭痛、肩こり、イライラ、不安感、他不調は人によってさまざまです。

薄毛もまた症状のひとつになります。
理由としてはエストロゲンの働きと関係しています。

女性の薄毛のはじまり

エストロゲンの働き

エストロゲンは「毛髪の発達と、成長期を持続させる働き」があります。

髪の一生(ヘアサイクル)は、成長期、退行期、休止期があるのですが、更年期になってエストロゲンが減少することで、髪の成長期が短く、休止期が長くなってしまうのです。

ヘアサイクル

1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪そのものが痩せたり、髪の色が薄くなったりして、全体的に薄毛になっていくのです。

これは女性特有の脱毛症で、「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」といいます。

女性型脱毛症

頭頂部を中心に広く薄毛がみられ、男性のように完全に毛髪が消失するわけではないのですが、一本一本の毛が細く短くなり徐々に進行していきます。頭部全体が薄くなるわけではなく、後頭部の毛髪はしっかり保たれているのが、大きな特徴です。

女性型脱毛症

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、全体的に髪の密度が低下する、女性に多くみられる脱毛症の総称をいいます。生え際が後退するのではなく、頭髪全体が薄くなるのが特徴です。

また、円形脱毛症などと違い、脱毛の境界がはっきりしないのも特性のひとつ。明らかな軟毛化をともなわない若年性の脱毛症も、びまん性の脱毛と分類されています。

女性の薄毛のはじまり

女性の薄毛はある日突然起こるものではなく、必ず予兆があります。
予兆を見逃さないために、薄毛のサインを知りましょう。

頭皮のかゆみが気になりませんか?

慢性的に頭皮が赤い、硬い、かゆい、フケなどの症状が出始めたら、薄毛の兆候かもしれません。

頭皮の赤みと硬さは血行不良の影響です。かゆみやフケは、老廃物が毛穴に溜まって皮膚を刺激していたり、頭皮が乾燥したりすることによる症状。薄毛を引き起こす要因となるため、常にケアをして清潔な頭皮を守るようにしましょう。

女性の薄毛のはじまり

抜け毛を観察してみて

健康な女性の抜け毛は1日に平均50~100本ほどといわれています。そのため、1日の抜け毛が100本に到達しない程度であれば、特に問題のない通常の抜け毛と考えられます。

ご自身の抜け毛を観察してみてください。
抜け毛の中に短い毛はありませんか?

もし、短い毛が落ちるのであれば要注意です。
ヘアサイクルが短くなっている証拠です。

本来、髪の毛は数年かけて成長するものですが、早い段階で成長が止まり、髪の寿命が短くなっている可能性があります。

女性の薄毛の対策

さて、ここからは女性の薄毛の対策に移りたいと思います。

薄毛や抜け毛は、早期発見・早期治療がとても重要です。早ければ早いほど、治療の効果が出やすく改善する見込みが高くなるからです。

専門家に相談するのも一つの方法ですが、まずはその前にご自身でする対策をご紹介します。

イソフラボンの摂取

イソフラボンはエストロゲンに似た働きをするので、エストロゲンの分泌が減る更年期の女性には心強い味方です。

イソフラボンは大豆に含まれていますので、大豆製品(豆腐、納豆、味噌、おから、黄粉など)を食べると良いでしょう。
手軽にイソフラボンを摂り入れたい方は、サプリメントもおすすめです。

おすすめの更年期サプリ
full-me MACA(フルミーマカ) 〜 国産マカ45%増量!+葉酸約400μg・ショウガを配合してリニューアル! 〜 農薬不使用国産マカ100%使用(業界トップ国産マカ配合量)した、更年期女性のためのマカサプリ...

頭皮の血行の促進

頭皮マッサージで血行の流れを良くしましょう。
血行が改善されると、必要な栄養素が毛根に運ばれるようになります。

おすすめ頭皮マッサージ

誰でもできる簡単な頭皮マッサージをご紹介します。マッサージは両手で左右同時に行ってくださいね。

百会のツボ

  1. 小指の腹をこめかみにあて、親指以外の指で左右の耳の延長線に沿って頭皮を揉み上げるようにしてマッサージ。これを2~3回ほど繰り返します。
  2. 後頭部にある「百会」のツボ(両耳から頭頂部へ向かう線と、顔の中心から頭頂部へ向かった線が交差する位置)を、人差し指と中指で10回ほど押して刺激します。
  3. 頭頂部から後頭部、首の後ろへとゆっくり手をおろしながらマッサージします。2~3回ほど繰り返して行ってください。

正しいシャンプー

正しいシャンプー

普通のシャンプーは髪の毛の汚れに着目したものなので、洗浄力が強く、頭皮に刺激となる添加物が入っているシャンプーが多いので、育毛には不向きです。

育毛ケアには、皮脂を落としすぎない「アミノ酸系の洗浄成分」が使われたシャンプーを選ぶのがポイントです。

皮脂が男性に比べて少ない女性は、頭皮の乾燥に注意が必要。「アミノ酸系の洗浄成分」は必要な皮脂まで落としすぎない適度な洗浄力なので、育毛ケアにぴったりです。

生活習慣を見直してみる

脱毛でお悩みの方は、これまでお話した、イソフラボン、頭皮マッサージ、シャンプーの他、ぜひ生活習慣も見直してみてください。

基本的な正しい生活をおくるのもまた育毛に不可欠です。
たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂る正しい食生活、有酸素運動、ストレスを溜めないなど、健康的な毎日をおくること。それもまた育毛に繋がります。

育毛剤

最近では女性専用の、スキンケア商品のようなオシャレなデザインの育毛剤もたくさんあります。
また育毛シャンプーもありますので、試してみると良いでしょう。

以上、女性の薄毛のお話でした。

まだ大丈夫と思っていても、いつのまにか・・・というのが薄毛の悩みです。
毎日の積み重ねで薄毛の進行を遅らせることができます。正しいヘアケアをこころがけていきましょう。

 

 

出典: 美ctionary 【キレイの百科事典 ビクショナリー】