更年期の肌トラブルへの対策

更年期の肌トラブルへの対策 くすみ

女性ホルモンの一つである「エストロゲン」はキレイと若さを保つのに重要なホルモンと言われています。

エストロゲンは美肌に欠かせない物質です。

けれどもその「エストロゲン」が減少してしまう更年期、この時期には急激なホルモンバランスの変化により肌トラブルが起こりがちになります。

そこで今回は、更年期の女性の肌トラブルを防ぐためにできるスキンケアをご紹介いたします。

更年期の肌トラブルの原因と症状

エストロゲンが減少すると肌のバリア機能が低下します。
それまで使っていた化粧品も合わなくなることがあったり、しわやたるみ、かゆみなど、若いころにはなかったトラブルが出始めます。

人によって違いはありますが、それまで自分の弱点であることが増大する傾向があることが多いようです。

更年期の肌トラブルの原因と症状

肌の弾力や潤いはエストロゲンのおかげ

皮膚の適度な厚みや弾力、潤いなどを維持して美しい肌を保つ働きをするのがエストロゲンです。

そのありがたいエストロゲンが減少することにより、肌の屋台骨がゆるんだり、水分量が減ったりして、しわやたるみの原因となるのです。

年齢を重ねるほど乾燥肌が気になる

乾燥肌に悩む女性は多くそれが引き金になり、しわやたるみ、かゆみなどの肌の様々なトラブルに発展していきます。

なので更年期以降の肌トラブルは乾燥肌対策が大切です。

更年期以降の骨密度の変化や顔のたるみ・しわ・くすみなどのの症状
更年期以降の症状 人間の体は、年齢と共に様々な部分が老化していきます。 更年期以降、骨密度が変化したり、顔のたるみやしわやくすみなどが生じてきたりします。 その原因はホルモンの減少と関係がある事が多く、ホルモンバランスの改善が一つ...

更年期に合った肌トラブルの対策

乾燥には保湿ケアということで、それまでより一生懸命になり、高価な保湿クリームをつかったり、高濃度のスキンケア商品をつかったりしがちです。

ところが、どうもこの一生懸命なスキンケアに落とし穴がありそうなのです。
スキンケアを頑張っていた人ほどショックかもしれませんね。

更年期に合った肌トラブルの対策

皮脂の分泌を邪魔しないスキンケア

私たちの肌には天然の保湿成分が備わっています。
天然の保湿成分、それはすなわち「皮脂」です。

「皮脂」というととかく悪者のイメージが付きまといますが、それはまったくの誤解です。

「皮脂は天然の美肌クリーム」と言われていて、皮膚が健康な状態を保つように、必要不可欠なものです。

皮脂のおかげで適度な水分を保ち、有害な菌や紫外線と戦う抵抗力を持つことができています。

そこで皮脂の分泌を邪魔しないスキンケアを考えてみたいと思います。

保湿

更年期 保湿

皮脂を過剰に取り去ったり、保湿効果の高い美容成分が含まれた化粧水や乳液や保湿クリームなどの基礎化粧品を過剰に使うことにより、肌を正常に保つためにある肌の常在菌のバランスを乱してしまうことがあります。

けれども足し算ではなく「引き算」が肌を正常にするカギになることがあります。

つまり基礎化粧品を使わない、あるいは、適度に使うのです。

かといって、これはちょっと勇気がいることです。
これまでしていた基礎化粧品はやめられないと思います。

実際に私は化粧水や乳液を使うのをやめてみましたが、そうすると途端に肌がカサカサになったり、それまでできたことのな吹き出物ができたりかなり苦労しました。
これは好転反応ということですが、慣れるまでには時間がかかりました。

なので、それまで化粧水や乳液をじゃぶじゃぶ付けていた人なら少な目に使うとか、足りないと感じた時に使うとか、引き算していく方が取り組みやすいかもしれません。

引き算していくとだんだん皮脂の状態が整い始め、肌の調子が良くなっていくのがわかるでしょう。

擦らない

擦らない

擦るというのは肌に一番負担をかけることです。
ティッシュやコットンで擦るのはもちろんですが、指で擦るのもできるだけ避けたいところです。

そこでどれだけ日ごろ顔の肌を擦って負担をかけているか見てみましょう。

日常生活で顔を擦る回数
  1. 朝、洗顔して指で擦る
  2. 水分をふき取るためにタオルで擦る
  3. コットンに化粧水を染み込ませて擦る
  4. 乳液を指で塗って擦る
  5. ファンデーションを付けるときに化粧パフで擦る
  6. 汗をかいたらハンカチで擦る
  7. メイクオフ時に指やティッシュで擦る
  8. 洗顔時に指で擦る
  9. タオルで擦る
  10. コットンに化粧水を染み込ませて擦る
  11. 乳液や保湿クリームを指で塗って擦る

こうやってみるとかなり、日常生活で肌を擦っているのがお分かりになるかと思います。

そこで小さな工夫でも大きく変わりますので、ぜひ実行してみることをおすすめします。

擦らないための工夫
  • 洗顔は泡立てた泡で汚れを浮かせる洗い方にする
  • 汗や水を拭きたいときは、ティッシュを一枚顔に乗せて「水分を吸い込ませる」
  • 化粧水や乳液は、手のひらに付けてから顔をおさえるようになじませる
  • 化粧パフは擦らずに「はたく」
  • メイクオフは化粧を浮かせて落とすようにする

 

メイク落とし

メイク落とし

メイククレンジングは肌には負担がかかるものです。
肌に化粧を残さずに丁寧にクレンジングしましょう、などと言いますが、丁寧にしているつもりがゴシゴシ擦ってしまって、実は肌に負担をかけていることが多いのです。

できるだけ擦らないようにするには、ふき取りタイプのメイク落としはNGです。

メイク落としと洗顔がセットで一度で終わるものがおすすめです。
クレンジング剤にメイク汚れを浮かせるようたっぷり使いたいものです。

神経質に肌を擦って負担をかけるより、全部完璧に落ちてなくても、汚れはいつか落ちるので、あまり気にしなくても大丈夫です。
肌に付いた汚れは永遠に残るということなく、いつかなくなるので。

でも大抵の方は「え~?」という反応しますけど・・・

朝は水だけで洗顔

朝は水だけで洗顔

洗顔はもちろんたっぷり泡立てた泡でしましょう。
その時に肌に指を触れないで、泡に汚れを浮かせるようにします。

そこで大切なのは洗いすぎないこと。
洗顔料を使う洗顔には注意が必要です。

最近聞くようになった朝の水だけ洗顔
すなわち洗顔せっけんを付けずに、水やぬるま湯だけで洗うことです。

(私は子供の頃から水だけなので、朝から洗顔料を使うことの方が不思議ですが)

朝の水だけ洗は賛否両論なので、たぶんその人の肌の状態で決めれば良いかと思っています。

朝起きたときに、脂っぽかったら使えば良いし、乾燥気味なら水だけにすれば良いし。Tゾーンだけ使うという手もありますしね。

紫外線対策

紫外線対策

シミやしわは日焼けなどによる「光老化」の影響によるので、紫外線対策を万全にしたいものです。

物理的に紫外線対策として、日傘や帽子やカーテンなどを使いますが、それでも少なからず浴びてしまう紫外線。

UVケアアイテム

そんなときはやはりUVケアクリームなどで防ぐことになります。

ただし、日焼け止めで使うUVケアアイテムは肌に負担をかけるものもあります。

私的にはメイク落としを使う必要のないUVケア商品を選ぶようにしています。

最近だと子供も大人も使える乳液タイプのUVケアもあります。
それだと石鹸で簡単にオフできるので使いやすいかと思います。

UVケアは使い分ける

普段の日焼け止めなら、落とすときの負担が少ないものを、紫外線を浴びそうなときはしっかり防ぐものをと使い分けしたいものですね。

更年期の肌トラブル まとめ

更年期の肌を整えるのには、保湿がカギを握っているけれど、盛れば良いというものではないということを書きました。

適度な保湿と肌を擦らないケアの見直しで、肌の調子が改善されていくことでしょう。

ご自分の肌と相談しながら、一生懸命になりすぎないスキンケアを試してみてくださいね。