更年期症状の重い人の特徴

更年期症状の重い人の特徴更年期症状の重い人

女性の身体は、初潮、妊娠、出産、閉経と年齢によって変化します。だいたい35歳を過ぎ40歳ごろから徐々に卵巣の働きが衰えていき、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってやがて閉経を迎えます。

閉経の年齢は平均的に50歳前後であることが多く、閉経の前後5年の10年間を更年期と呼びます」。

更年期は、誰でもなるかというとそうでもなく、中には症状が軽くて何も問題がなかったという女性もいます。

この人によってさまざまな更年期症状の重さの差は何かを調べてみました。

人によってさまざまな更年期症状の重さの差

更年期症状の軽い人と重い人

先日、同世代の友人同士が集まる機会があり、その中で急に「暑い暑い」と顔を真っ赤にした一人がいました。

それはいわゆる「ホットフラッシュ」という更年期症状特有の症状なのですが、話を聞くと彼女はここ数年、様々な更年期症状が重くて悩んでいると言います。

他の一人は閉経は迎えてまもないけれど、まったく何も症状を感じずにいると言い、もう一人は更年期サプリで乗り切っているという話でした。

症状の現れ方も様々で、体温調整がうまくいかない人、不眠に悩んでいる人、一番重い人は、何もする気になれずに気が付いたら夕方になってたということもあったそうです。

ホットフラッシュ

更年期症状は人によって症状がちがうのはなぜ?

更年期症状の差はいったいどうして生じるのでしょう?
いわゆる更年期症状は女性ホルモンのエストロゲンが減少しホルモンバランスが変化することによって現れるのですが、それだとしたら皆条件は同じで平等に変化してるはずです。

私はちょっと気が付く点がありました。

今回合った8人の友人たちと、私の知り合いを含め、「更年期が重かった」と答えた人達にはある共通点があったのです。

症状の重い人の特徴

  • 几帳面である
  • 神経質な性格
  • ポジティブに物事をとらえる
  • 最後までしないと気が済まない(完璧主義?)
  • 人に頼る傾向がある
  • 感情を出すのが上手でない
  • 仕事や家事がハード
  • 悩みを抱えている

更年期症状傾向が強い人は、この特徴のどれか、あるいは複数当てはまる人達でした。

症状の重い人の特徴

一種のストレス性疾患

それもそのはず、更年期症状は生活にストレスを強く感じる人ほど強く出る傾向があるようです。
更年期症状が重くなると「更年期障害」と呼びますが、この更年期障害は一種のストレス性疾患とも考えられています。

更年期障害の発現は「エストロゲンの減少」「ストレス、心理的な要因」「家庭や仕事など環境的なもの」、更年期世代が抱えるものが関係していると言われます。

加えてその人が持っている性格にも左右するので個人差が大きくなりやすいと思われます。

エストロゲンが更年期障害の原因?【心の不調】
更年期障害とエストロゲン 更年期障害では、不定愁訴と呼ばれる色々な症状が起きてきます。 女性ホルモンのエストロゲンは、 排卵を促し出産の準備 自律神経の調節 骨密度維持 セロトニンの合成促進 など様々な働きをし...

ヒステリックなイメージの更年期、実際は?

「更年期」というと、ヒステリックな女性のイメージがありませんか? イメージ的にがみがみのお局様の上司が「キー」と言うのを周囲の人間が「更年期か?」と文句を言う・・・ような、マンガっぽいですね(笑)

あのヒステリックなイメージは本当は違うんじゃないかと思っています。

たしかにイライラするのも一つの更年期症状ですが、ヒステリック人ではなく、どちらかというと怒りを外に出せない人の方が更年期症状が重い気がします。

ヒステリックなイメージの更年期、実際は?

更年期障害セルフチェック

更年期症状の以下の項目に当てはまる数が多いほど更年期症状は重いということになります。
もしかしてこの症状は更年期?と思ったらセルフチェックしてみましょう。

  1. 顔がほてる。
  2. 汗をかきやすい。
  3. 腰や手足が冷えやすい。
  4. 息切れ、動悸がする。
  5. 寝つきが悪い、眠りが浅い。
  6. 怒りやすく、イライラする。
  7. くよくよしたり、憂うつになる。
  8. 頭痛、めまい、吐き気がよくある。
  9. 疲れやすい。
  10. 肩こり、腰痛、手足の痛みがある。

更年期症状の重さはホルモンバランスよりも外的要因の方が強い

ちょうど更年期あたりの年ごろは、社会的に責任が強くなったり、親の介護で余裕がなくなったり、子供の受験など家庭内でもストレスが多くなることが多くなります。

実際、更年期症状の重い人たちは何等かのストレスを抱えていて、自分を犠牲にして生活してる状況です。
したがって更年期症状を軽くするには、そのストレスを無くすか発散させるかがカギのような気がします。

気分転換に散歩にいったり、ちょっとした息抜きを見つけたり、趣味を見つけたりして、生活の中のちょっとしたタイミングでストレス緩和を心がけましょう。

更年期症状は家族の理解と協力で軽減すると言われていますので、上手にコミュニケーションをとるように心がけましょう。

更年期症状が重い人は

それでも更年期症状が重く、生活の上で困るようであれば、婦人科に行ってHRT(ホルモン補充慮法)を検討することが問題解決の早道になります。

HRT(ホルモン補充慮法)は保険適応の治療で、飲み薬・貼り薬・塗り薬があります。この治療は子宮体がんと乳がんの女性には使用できませんのでご注意ください。治療の前にはそれらの検査をします。

なお、病院に行くほどでもないけど症状を改善したい方は、サプリメントの使用がおすすめです。

更年期症状を緩和させる良いサプリがたくさんありますので、検討してみてください。

更年期サプリメントの選び方
更年期サプリとは?効果効能 女性は更年期をむかえると、特有の症状に悩まされます。 更年期障害と一般に言われていますが、その主な症状は、倦怠感やイライラ、冷えなどが主な更年期障害の症状です。 中高年を境に、女性ホルモンが変化...