更年期障害の疑問:更年期障害はいつまで続くの?年齢によって違うの?

更年期障害の疑問:更年期障害はいつまで続くの?年齢によって違うの?

更年期障害はいつからいつまで続くの?

女の子の体にはお母さんのお腹にいるときからすでに卵子が存在します。
厳密にいえば原子卵胞というものなのですが、20年から30年後に生まれてくる命の源がすでに体内にいるときから作られているのです。

その原子卵胞は生まれてくるときには200万個もあり思春期頃までに170から180万個が自然消滅し、月経がはじまってからも毎日少しずつ減っていき、1回の周期に1000個ほど消滅するといわれています。

約1カ月に1回卵巣から卵子が排出され、排卵後の卵子が精子と受精して受精卵となったものを受け入れるために子宮がベッドのように内膜を厚くしていきます。しかし卵子が受精しなかった場合はその内膜が不要になり血液とともに体外に排出されるのが月経です。

その月経は卵巣機能が低下して排卵が起こらなくなるころまで続きます。その間に精子と受精しその受精卵がうまく育てば出産して赤ちゃんを迎え入れることができるのです。

更年期障害はいつから?

思春期から卵巣は活発に働き、約1カ月に1回の排卵を起こすのですが、40歳を超えるころからだんだん卵巣の働きも衰えてきます。

毎月決まった周期で合った月経も周期が長くなったり短くなったりし、また経血の量も多くなったり少なくなったり、若いころと少しずつ変化が見られてきます。

そして平均して50歳前後で月経が来なくなる閉経を迎えるのです。

更年期障害のしくみ

月経が起こるためにはエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが活発に分泌されます。

月経がはじまってから排卵までの時期にはエストロゲンが多く分泌されて卵子を育て、排卵後から次の月経がはじまるまでの間は子宮内膜を厚くしたり受精卵を守るためにプロゲステロンという女性ホルモンが活発に分泌されます。

閉経の前後5年の計10年間ほど卵巣の働きが衰え閉経を迎えるころには、分泌される女性ホルモンの量も減少します。
女性の体はそれまでの体とは少し変わってきて、自覚症状が出るような異変を感じることがありますが、それが更年期障害です。

更年期障害の期間

更年期障害の年齢による症状の違い

更年期障害は個人差があり、ひどい症状が出る場合も軽くて済む場合もあります。
更年期障害の症状としてよく見られるのは顔のほてりや多汗、手足や腰の冷え、息切れや動悸、頭痛、めまいなどの身体の症状とイライラや不眠、うつなどの精神的な症状です。

更年期障害とは「閉経前後の10年間」に現れやすく、更年期障害の症状の中でも強い症状が続くのは平均2、3年~5年くらいですが、中には10年以上辛いという人もいます。

更年期障害はいつから?40歳を過ぎたころから

また更年期障害は若いほど症状が軽いという訳ではありません。
早い人は40歳を過ぎたころからイライラしたり、顔がほてったりと更年期の症状を感じる人もいますが、そのころはプチ更年期と言われる時期でもあり、それほど自分では症状に気づかない人もいれば強い症状があってもまだ若いからと更年期ということを認められないという人もいます。

更年期症状だということを自分で認められないために婦人科に行くこともなく、内科や心療内科など症状に沿った病院にいったり、そのまま放置して帰って症状が重くなることもあるので、40歳代と若くても更年期のような症状が続いたら婦人科に行くことが勧められます。

高年齢ほど症状が重い

逆に高年齢ほど症状が重いという特徴もあります。
更年期症状にも慣れたころに動悸や息切れなどが起こってもまだ更年期だということで放置してしまい放置しやすくなると、もしかしたら心臓や他の内臓などに重い病気が隠れていることもあるからです。

年齢のよる症状の違い

年齢のよる症状の違いもあり、たとえば手足や腰の冷えや頭痛、めまいやイライラや打つなどの精神的な症状は40歳代からと早いうちから出る場合が多く、45歳から55歳くらいまでの更年期真っ最中の頃には顔のほてりや多汗などの症状がよく現れます。
また息切れや動悸、不眠の症状は60歳前後からも起こる場合が多いのです。

  • 40歳代
    手足や腰の冷えや頭痛、めまいやイライラや鬱などの精神的な症状
  • 45歳~55歳くらい
    顔のほてりや多汗などの症状
  • 60歳前後
    息切れや動悸、不眠の症状は

更年期 年齢のよる症状

更年期障害ではなく病気の症状ということもあるので油断禁物

このように更年期障害は閉経の前後10年の間のことを指し、その間に様々な不調を感じることが多いのです。
しかし個人差があるので、もっと早いうちから感じる人や、もっと遅くにから感じる人もいます。

その時「まだ更年期障害ではない」「遅い更年期」などと思い込んで放置すると重症化したり重い病気があることに気づかないということもあるので体に不調を感じたら病院に行くことが重要です。

 

更年期障害はいつから?いつまで?更年期障害はいつかは終わる

辛い症状が毎日続くと、「いつまで続くのか」と不安になるものですが、いつかは終わるものです。
更年期症状は女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因なのですが、そのために起こる症状は自律神経のバランスが崩れた時に起こる症状と同じです。

自律神経は過度なストレスや生活習慣の乱れが原因でバランスを崩しやすいので、更年期症状に対する不安でストレスを過度に感じると、もっと症状が悪くなってしまいます。

そのため更年期障害と思われるような症状がつらい時には婦人科など専門病院で診断てもらい、「何とかなる」「なんとかできる」という気持ちを持ってストレスにならないように工夫することが大切なのです。

▲ページトップに戻る