月の満ち欠けが私たちに及ぼす影響

月の満ち欠けが私たちに及ぼす影響月の満ち欠けが私たちに及ぼす影響

定期的に体調を崩したり、不調を感じやすい方は月の満ち欠けカレンダーを確認してみてください。
満月の日の前後から、身体の不調を感じることが多いことはありませんか?

海面の高さは月の引力により高くなったり低くなったりしています。
私たちの身体の50~70%じ水分ですので、月の引力が海面の高さを変えるように、私たちの身体のも何らかの影響をあたてえているようです。

満月が関係する肉体面での影響

  • なかなか眠れない
  • なんとなく疲れがとれない
  • だるい
  • むくむ
  • 身体が思い
  • 太りやすい
  • お腹が減る

満月が関係するメンタル面での影響

  • 気分が落ち込む、滅入る
  • イライラして怒りっぽくなる
  • 些細なことに傷つく
  • そわそわして落ち着かなくなる

私達の身体のバイオリズムと月の満ち欠け

私達の身体のバイオリズムと月の満ち欠け

新月から次の新月までの期間は29.5日。
女性の生理周期やお肌のターンオーバーは約28日。

私たちの生理周期によく似ています。 月が満ち欠けする周期と同じくして、女性の体も排卵し生理を迎えるなどして変化していきます。
生理を『月経』、『月のもの』と呼ぶのも、月が関係しているからかもしれません。

「月」という字が共通していることからわかるように、月と女性はとても縁が深いのです。

月の満ち欠けと体調の関係

「満月や大潮の日は出産ラッシュになる」なんていう話、聞いたことありませんか?

何となくだるい、頭痛がする、気分が落ち込むなど、特別に理由なく感じる身体の不調は、実は月の満ち欠けと関係していることがあります。

特に満月の日の前後は要注意です。

狼男で知られるように、満月は私たちの心理状態を変え、月のエネルギーが最高潮になっているため、気分が高まりやすく、事故や凶悪な犯罪などが起こりやすい時期とされています。

満月と大潮

満月が関係する肉体面での影響

月は地球の周りをぐるぐるまわっています。
満月は、太陽と月の間に地球が位置したとき、太陽と月と地球が一直線上に並ぶと起こる現象です。満月のときは、太陽や月の引力と地球の自転する遠心力が双方強まり、海面が引っ張られるため、潮の差が大きくなります。

大潮は、干潮と満潮の差が大きくなるときのことをさすので、満月のときは大潮になると考えられています。

大潮は月に2回、満月と新月の1~2日後に起こることが多く、潮差は月と地球の距離によって変動します。

満月の日は感情が高ぶりやすく、衝動的な行動をとってしまうことがあり、よからぬ事件がおこりがちです。重大犯罪、凶悪犯罪は満月に起こることが多いので注意です。

実は満月の日には、右脳と左脳の作用が入れ替わってしまい、左脳の論理と右脳の感性の優劣が逆転してしまうのです。つまり、普段、理性優先で行動している人が、感情で動くという現象が起こりやすくなります。

また、月の引力に加えて、『満ちる』エネルギーが降り注ぐときです。体の吸収力が最大となり、いいものも悪いいものもよく吸収します。

さらに、満月は月の満ち欠けの『完了』のタイミングであることから、何かが形になりやすいときでもあります。

新月

新月は、月の満ち欠けが始まる月で、地球からは見ることができません。1日目の月であることから、はじめを意味する「朔」という文字を使って、「朔月(さくげつ)」とも呼ばれます。

新月は感覚が研ぎ澄まされやすい月。身体や心の緊張がピークに達し、神経が高ぶりやすくなります。周囲からの重圧に強くなる一方で、細かいことにイライラしたり、小さいことを気にしてしまいやすくなります。焦燥感が強くなり、なかなか落ち着けず、慎重さや冷静さに欠けてしまうこともあるようです。

上弦の月

上弦の月は新月から満月の約14日間を指します。この時期は、『吸収』『成長』の時期となり、気力が充実し、体が軽く感じる人もいるでしょう。

新月の日に立てた目標に向かって、積極的に行動をしていく時期です。吸収し、成長するエネルギーが降り注ぐときですので、心にも体にもよいものを与えると、身に付きやすくなります。

下弦の月

下弦の月

下弦の月は、満月から新月までの約14日間のことを指します。下弦の時期は、満ちたものを手放していく『放出』『解毒』のタイミングです。

満月の特徴が徐々に薄れ、次の新月に向かう時期ですので、新たなスタートへの準備期間という位置づけになります。なんとなく気持ちが乗らなかったりする時期です。

出血量が少なくなることから、この時期の手術は成功しやすく、回復が早いとも言われています。

月の満ち欠けと体調 まとめ

いかがでしたでしょうか。

いままで原因はわからないけれど、なんとなくだるいなどの身体の不調を抱えてきた方は、月の満ち欠けをチェックしてみてください。

体調の変化がわかれば、心構えや対処方法も導き出されることでしょう。