梅雨時の不調は〇〇〇で乗り切る!

梅雨時の不調は〇〇〇で乗り切る!おすすめ食材

梅雨時はだるい、むくむ、頭痛など、なんとなく体調不良になる季節ですよね。
人との会話で「眠れない」「頭が痛い」「関節が痛い」など不調の声が飛び交う季節です。

そもそも動物は、梅雨のような天気の悪い季節は獲物も少ないので、活動的に行動するよりも「おとなしく休んでおけ」という意味で、身体がお休みモードになるのでは?という気がします。

なので休めるときは休んでしまった方が良いのですが、そう言っていられないのが現代人。

なんとかこの梅雨のジメジメした時期を乗り切りたいですよね。
そこで今回は、梅雨の不調はなぜ起こるのか、そして梅雨時の乗り切るおすすめ方法をご紹介したいと思います。

梅雨の不調はなぜ起こるのか、そして梅雨時の乗り切るおすすめ方法

更年期には辛い梅雨時

自律神経を介する更年期障害の症状は、気象変化に左右されるようです。

とくに、更年期症状特有のホットフラッシュは、梅雨時は最悪です。

本人の都合とお構いなしに、今?という瞬間にカーっと顔が熱くなり周囲の目が気になったり・・・。

この更年期の時期は温度調整がうまくいかないために、ちょっとの気温変化で振れ幅が大きくなり、冷えもまた現れやすい症状になります。

梅雨時は暑い時もありますが、梅雨寒の日もあるのので、クーラーの効きすぎにも注意です。

私の場合は冷えに悩まされました。
人によって色んな症状が出るようです。

更年期には辛い梅雨時

梅雨時の不調はどうして?

さて、梅雨時の体調不良はなぜ起こるのかを書いてみたいと思います。

自律神経と交感神経

梅雨時は低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わり、天気が崩れやすい安い時期ですよね。
晴れ・曇り・雨がどれも全部当たるので、天気予報が文句を言われない時期なのかもしれません(かな?)

涼しさと蒸し暑さを交互にやってきます。
気圧の変動や寒暖差など、知らず知らずのうちに身体に受けてしまうのがこの季節です。

このストレスが体内で自律神経が刺激を受けます。

自律神経は体を活発にする交感神経と、リラックス状態にさせる副交感神経があり、この2つの神経がバランスをとりながら、さまざまな器官の働きを担っています。

交感神経は無意識で働いてくれているため、気圧の変動や寒暖差に影響されやすいのです。
一生懸命働いてくれているので、疲れてしまうとだるさやめまい、片頭痛やリウマチなど身体の不調となって現れてしまいやすくなるのです。

梅雨時の不調はどうして?

日光量の不足とセロトニンの分泌

梅雨の時期は日光の量が減るため、幸せホルモンと言われている「セロトニン」の分泌量も減ります

セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。セロトニンが不足すると脳の機能の低下が見られたり、心のバランスを保つことが難しくなります。

セロトニン不足は、ストレス障害やうつ、睡眠障害などの原因になりうることも知られています。また、セロトニンは精神面だけではなく、消化や排便、体温調節など、体の様々な働きに関わっています。

セロトニンは太陽光に反応して分泌されます。
梅雨時は憂鬱な気分になるのは日照時間が減るために起こります。

日光量の不足とセロトニンの分泌

梅雨時は幸せホルモンは自分で出す

通常ならセロトニンを増やしたいなら、外に出てお日様の光を浴びるのが手っ取り早いのですが、梅雨や冬のようにお日様の光が少ない季節はなかなか難しいですよね。

そんなときはお日様以外にもセロトニンを増やし、梅雨時を楽に方法がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

セロトニンを作り出すある食べ物

どんな時でも食事は偏らないで、いろんな食材を摂ることが大切です。

そのうえで、今回セロトニンを増やす、すごい食材をご紹介したいと思います。

その食べ物は、

  1. セロトニンを増やすために必要な栄養が豊富
  2. スーパーやコンビニで買える
  3. 値段もかなり安くコスパ最強
  4. 低カロリー
  5. おやつに含む

そんなすごい食べ物・・・・

それは・・・・

そうです!バナナです!!

梅雨時は幸せホルモンは自分で出す

あまりにも身近にありすぎて無視しがちですが、バナナこそ梅雨時に、毎日1本は食べておきたい食べ物なのです。

梅雨時でなくても「最近、ちょっと憂鬱」という何となく優れないときも食べてください。

バナナのすごさはセロトニンを増やし、幸せを増やす栄養に満ちてるからです。

バナナに含まれている栄養を書き出してみますね。
いかにバナナがセロトニン減少時におすすめなのかお分かりになるかと思います。

バナナに含まれているもの:タンパク質

バナナにはタンパク質は約1,1g含まれています。
タンパク質が豊かな食べ物にはトリプトファンというアミノ酸も入っており、このトリプトファンは体の中で幸せホルモンと言われるセロトニンに変換されるのでストレス解消にもオススメです。

また、自律神経は体内時計に関係しているのですが、それに役だつメラトニンも含まれています。

バナナに含まれているもの:炭水化物

そしてバナナには炭水化物も含まれています。

昨今では炭水化物ダイエットとして炭水化物を制限(まったく食べない人もいるとか)するのが流行していますが、炭水化物は脳の唯一のエネルギー減であるため、まったくゼロにするのは考え物です。

セロトニンが不足しているときは炭水化物を食べたくなる傾向があるそうです。それは身体が無意識で欲しているのでしょうね。

バナナに含まれているもの:ビタミンB1

バナナにはビタミンB1も含まれています。
ビタミンB1が不足して、エネルギーを作る事が出来ないと情緒不安定や記憶力低下、うつ病などを引き起こしてしまうケースもあるそうです。

ビタミンB1はむくみ予防し、疲労回復にも役立ちます。

バナナに含まれているもの:カリウム

カリウムは塩分を外に排出してくれる役割があるので、むくみの予防や高血圧に効果があると言われています。
梅雨時におこりがちなむくみ改善にもバナナはおすすめです。

むくみはだるさに繋がります。むくんでいると自覚していなくても「なんとなくだるい」と思ったら、バナナを食べて見て下さい。

梅雨時は幸せホルモンは自分で出す

梅雨時を乗り切るために まとめ

梅雨は更年期世代にはつらいというお話をしました。
そしてその改善にはバナナが役に立つのです!

もちろん、どんな場合でもバランスの良い食事は大切ですので、その上でバナナを摂り入れてくださいね。

栄養豊富で甘いバナナはカロリーが高いと思われがちですが、実は1本約86kcalと、ごはんやパンと比べても低カロリーです!

さあ、この時期はバナナを常備して、家族みんなで食べましょう!