緑茶のカテキンでウイルス・風邪の感染予防

緑茶のカテキンでウイルス・風邪の感染予防カテキンでウイルス・風邪予防

新型コロナウイルスによる新型肺炎が大変なことになっています。
感染者が世界各国にも広がり、毎日、感染者数と死亡者数が増えていくので不安です。

一方、インフルエンザが今年も一部地域で流行しています。
秋篠宮家のご長男、悠仁親王殿下がインフルエンザA型に感染されたというニュースも報道されたばかりです。

今年は暖冬ということで、風邪やインフルエンザは例年より若干少な目だそうです。とはいえ、インフルエンザや風邪にもやはり用心しておきたいものです。

身体に入れたくない病原菌やウイルスを予防するには、手洗いやうがいマスクの使用はもちろんですが、身近にあるものが効果があると話題です。

それは「緑茶」です。
緑茶に含まれるカテキンは細菌にもウイルスにも効果があります。

緑茶に含まれるポリフェノールの「カテキン」は、A型とB型の両方のインフルエンザウイルスの感染を抑制したことが実験データで証明されています。

“新型インフルエンザウイルス”についても、抗インフルエンザ薬で用いられる“アマンタジン”と呼ばれる成分よりも低い濃度で、緑茶の「カテキン」はウイルスや細胞への感染を抑制することがわかってます。

 

緑茶に含まれるカテキン

インフルエンザなどのウイルスは体内に入ると、決められた細胞につく働きがありますが、カテキンを取り入れるとウイルスが細胞につきにくい状態になるので、細胞内で増殖できなくさせるため、結果的に風邪予防に役立ちます。

さらに、緑茶に含まれるアミノ酸の一種である「テアニン」にも、免疫力を高める効果があるとされています。

緑茶の「カテキン」はウイルスや細胞への感染を抑制

茶カテキンの健康への効果

カテキンは病気の予防に役だちます。
考えられている効能は以下の通り。活性酸素を無毒化することから老化予防にも役立っています。

  • 抗酸化作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗ガン作用
  • コレステロールを下げる作用
  • 血糖の上昇を抑える作用
  • 殺菌作用・抗菌作用
  • 虫歯・口臭予防
  • 肥満予防

カテキンが体内に直接吸収

風邪やインフルエンザなどのウイルス感染にお茶が有効なのは「飲む」ことにあると考えます。

うがいや手洗いは、付着したウイルスを洗い流し、ブロックする作用はありますが、体内に入ってしまってからは効果がありません。

一方、カテキンは体内に直接吸収されるため、体の中から抵抗力を高めることが期待できます。
飲むことで体の抵抗力も高めてくれますし、温かいお茶はなにより身体を温めてくれます。

カテキンは体内に直接吸収されるため、体の中から抵抗力を高めることが期待できます。

茶カテキンはどのくらい摂取すればいいの?

特にカテキンの摂取量は決まってませんが、ちょっと一休みするときに飲む程度で飲めば良いでしょう。

飲んでおいしく、風邪予防になるというのは嬉しいですね。
日ごろから緑茶を飲む習慣をつけていると、風邪予防になりますよ。

妊婦や子供など、あまりカフェインを摂りたくない方は、緑茶でうがいをするという方法もあります。

私は緑茶派なので、風邪やインフルエンザにはもう何年もかかっていません。たまに風邪をひくときは、決まって2~3日、緑茶を飲まなかった時です。これはかなりの確率でそうなので、カテキンが病原菌やウイルスを防いでくれていると固く信じています。

ただ、ダイエット目的でお茶を飲むというのであれば、湯飲みに10杯くらいが目安だそうですので、胃が荒れてしまうかも?

カテキンが多く含まれるお茶は?

お茶に含まれる主要カテキンの割合

カテキンは、日を多く浴びた茶に多い傾向があり、芽先よりも開いた葉の方が多く含まれるそうです。

したがって、栽培時に覆いをする玉露やかぶせ茶よりも煎茶の方が多く、春先の一番茶よりも日照時間の多い夏につくられる二番茶や三番茶に多く含まれるのだとか。

図を見るとウーロン茶、紅茶は、緑茶と比べて全般にカテキン含有量が低めとなっています。
ほうじ茶は焙じてあるぶんカテキンの含有量は少な目です。

カテキンを摂り入れたいなら、釜で炒る方法で作った釜炒り茶が一番多いのですが手に入りにくいので、日常的に飲むなら普通の煎茶や番茶で良いでしょう。

ちなみにペットボトルのお茶でもカテキンは含まれていますので、この時期、コーヒーやジュースを飲むのだったら日本茶にしておくと良いでしょう。

茶カテキンはどのくらい摂取すればいいの?

茶カテキン まとめ

強い殺菌力を持ち、ウイルスの感染を抑制し、免疫細胞を活性化するカテキン。
ウイルス予防・風邪対策に、美味しくお茶を飲んで感染予防をしましょう。

 

出典:お茶の成分で最も注目されるカテキン|お茶ミュージアム