膣トラブルはおしっこの仕方で改善!

膣トラブルはおしっこの仕方で改善!尿もれ

更年期あたりから増えているのが膣の悩み。
膣の悩みって恥ずかしくて大きな声で言えないけれど、多くの女性が抱えているんですよね。

だんだん膣の状態が荒れてきて、かゆみやヒリヒリ感、かゆみ、痛みまで行かないもののなんとなく違和感があるようになります。

そして女性の身体は女性ホルモンが膣の健康を守ってくれているのですが、それがなくなるので膣に雑菌が増えたり、オリモノが増えたり、膣の健康状態が悪くなっていきます。

それをGSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)と言います。

更年期のデリケートゾーン悩みを抱えている女性は半数以上

GSM(閉経関連泌尿生殖器症候群)
更年期以降の女性ホルモン低下に伴う外陰・膣の萎縮変化 不快な身体症状症候群のことを言います。

閉経後の50%以上の女性が膣トラブルで悩んでいる

閉経後の50%以上の女性が、なんらかのGSM症状に悩まされています。
GSM症状は、腟乾燥感、腟・外陰のゆみ・ムズムズ・灼熱感・掻痒、尿モレ、頻尿・尿意切迫感、排尿困難感、性交痛、性的欲求低下・オーガズム低下などです。

GSMは慢性でゆっくり進行する

GSMは、慢性でゆっくり進行するため、高齢になると何もしなくても痛い、座るのも辛いという人もいるそうです。

慢性膣炎になるとニオイが出てきて、自分でも気になりますが、他の人に気づかれたら嫌なので消極的な生活をしてしまいがちになります。

ただでさえも気分の落ち込みやすい更年期の時期は、こういったトラブルは鬱症状を招きやすい要因になり得ます。

ただでさえも気分の落ち込みやすい更年期の時期は、こういったトラブルは鬱症状を招きやすい要因になり得ます。

婦人科では

婦人科に行くと、膣錠を出してくれて改善しますが、また時間がたてばもとに戻ることの繰り返しになります。

そしてGSMの人は、女性ホルモン補充療法も行われますが、長年の性ホルモンの低下よりデリケートゾーンの女性ホルモンや男性ホルモンの受容体(レセプター)が少なくなっているため、女性ホルモン補充では、充分に症状が改善しない人が多いようです。

膣トラブルは排尿のしかたで改善する

なんか本当に嫌な悩みなのですが、手軽に、自分で、なんと排尿の仕方で膣トラブルを予防できるというのです。
「へ? そんなことで?」とビックリです。

そもそもなぜ膣が炎症を起こすのかと言うと、女性ホルモンが低下するために膣に雑菌が繁殖しやすい状況になるからです。

その不潔の原因になるものに尿があるというのです。

年齢による変化で体系が変わり、尿道周辺が緩んできて尿道口が奥の方に入ってしまい、そのせいで尿の流れが変わり膣内に入りやすくなります。

そう!膣の中に尿が入るのです。膣の中に尿が残ってしまうことも。そんなことってあるんですね。
「自分がおしっこくさい」と悩んでいる方はおそらく原因は膣内におしっこが入ってそれが臭ってるからではないかと。

膣内には尿以外にも垢やトイレットペーパーや陰毛なども入ってることがあり、内視鏡で見るとお風呂の排水溝のように汚くなってる人もいるのだとか。垢がべっとりくっついてることも・・・

びっくりでしょ? ほんとびっくりです。

膣トラブルはおしっこの仕方で改善!

膣トラブル改善!膣内に尿を入り込ませない工夫

不潔にさせないためには、排尿の時に尿が膣にかからないように注意します。
膣の中に尿を入れないようにする工夫があります。

具体的な排尿の仕方は以下の通りです。

排尿の仕方

  1. 便器に脚を広げて座る。
  2. 両手でお尻あたりの肉を広げる。
  3. 前傾姿勢になり排尿する。

この姿勢ですと便器にあたる尿の音で、尿がそのままストレートに出ていることがわかるはずです。尿が膣の方に流れながら便器に落ちているとジョボジョボした感じなので自分の感覚で上手に排尿してるかわかると思います。

排尿の仕方

トイレットペーパーの使い方

排尿したあとのトイレットペーパーの拭き方も大切です。
皆さん、ペーパーをどう使ってますか?おそらく多くの方は擦って拭いているのではないかと。

でも正解は「叩くように、あるいは5~10秒ほど押し付けるように尿をペーパーを染み込ませる」

擦るのはNGです。ついついやってませんか?
前述の通り、膣にはペーパーが引っ付いて、その後膣内に入ったりして不潔です。

それに擦るということは粘膜を傷つけることでもあるので、ただでさえもデリケートな部分ですので優しく吹きましょう。

ペーパーは1度では水分を抑えきれないので、新しくペーパーを出して、ペーパーに尿が一切付かなくなるまで繰り返します。

トイレットペーパーの使い方

デリケートゾーンの洗い方

お風呂でのデリケートゾーンは「指を使って泡で洗うこと」です。
スポンジやタオルを使ってる方も、デリケート部分は指で汚れを泡に浮かせるようにして洗ってください。

基本的に汚れと言うものは石鹸をこすりつけるだけでは落ちません。
汚れは石鹸の「泡」に浮かせるのが秘訣です。

デリケートゾーンの洗い方

膣トラブルと排尿の仕方 まとめ

トイレは長年同じ習慣でしているので、油断するとうっかり忘れて普段通りの尿の仕方に戻ってしまうかもしれません。

その工夫としてトイレに座ったときに一番目に付くところに、思い出すようなメモでも貼っておくことです。

繰り返すことによって正しい尿の仕方が身についてくることでしょう。

この排尿の改善で膣トラブルが減ったという声は多く、簡単に自分で改善できる点でも良いかと。

その他、陰部を締め付けるような服装をさけ、規則正しい生活、基本的な食生活など、気を付けるようにしましょう。

膣トラブルはぜひ正しい方法で自分で改善していきましょう。

更年期の半数以上の女性がデリケートゾーン悩みを抱えている
閉経後の女性は外陰部周囲の皮膚粘膜の萎縮がおきるために、皮脂腺分泌物の不足、乾燥による慢性的なかゆみや不快感が出現します。 デリケートゾーンの悩みは場所が場所だけに人に打ち明けられず、かといって病院に行って診てもらうのもためらってしま...