閉経後は骨粗しょう症にご用心

閉経後は骨粗しょう症にご用心骨粗しょう症

閉経後の女性に多い骨粗しょう症は、骨の内部でじわじわと進行し、自覚できないので見落としがちな病気です。

知らないうちに進行して骨密度が低下しすぎると骨が脆くなってしまい、骨格に加わる外力に耐えきれずに、軽い衝撃で背中や腰の骨、大腿骨、肩、手首、肋骨、骨盤、すねなどを骨折するようになります。

進行すると痛みや骨折が寝たきりを誘発し、生活の質を低下させ健康寿命を損なう原因になり得るので注意が必要です。

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは、老化やカルシウム不足、運動不足、喫煙や飲酒、閉経(女性ホルモンの減少)などが原因となって骨量(カルシウムやコラーゲンなど)が減少し、鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、脆くなる疾患です。

骨粗しょう症になると、わずかな衝撃でも骨折を来たしやすくなります。

骨粗しょう症とは

骨密度のピーク

骨密度は女性の場合、18歳くらいでピークに達します。そののち40歳代半ばまでは、ほぼ一定を維持しますが、 50歳前後から低下していきます。

加齢によって骨密度が低下するのは、女性ホルモンの分泌量減少に加えて腸管でのカルシウムの吸収が悪くなったり、カルシウムの吸収を助けるビタミンDをつくる働きが弱くなるなどの理由があります。また、若い頃よりも食事量や運動量が減るといった生活習慣の変化も関係します。

加齢とともに生じる生理的な変化は、ある程度やむ得ないことかもしれませんが、できるだけ若い頃から、食事や運動に気を配ることで骨密度の減少を抑えることはできます。

閉経後の女性ホルモン低下

骨粗しょう症は特に女性に多い病気で、患者さんの80%以上が女性といわれています。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。

そのため、閉経期を迎えて女性ホルモンの分泌が低下しますと、急激に骨密度が減り、同年代の男性に比べて早く骨密度が低くなります。

女性ホルモンの減少と骨粗しょう症

女性ホルモンの減少と骨粗しょう症

骨粗しょう症は特に女性に多い病気で、患者さんの80%以上が女性といわれています。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。

そのため、閉経期を迎えて女性ホルモンの分泌が低下しますと、急激に骨密度が減り、同年代の男性に比べて早く骨密度が低くなります。

更年期を境に、骨粗しょう症の女性が増えていきます。
女性ホルモンであるエストロゲンが骨代謝に大きな役割を担っているからです。

エストロゲンには骨形成を進め、また骨吸収(骨破壊)を抑制する作用があります。女性の卵巣機能は更年期を境に急激に低下し、エストロゲンが欠乏状態となり閉経を迎え、その結果として骨粗しょう症が進行します。

更年期前から検査を

更年期前から検査を

骨粗しょう症は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下する更年期以降に特に多く認められます。
エストロゲンには、骨の新陳代謝に際して骨吸収を緩やかにし、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きがあります。
閉経して、このエストロゲンの分泌量が減ってきますと、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつかず、骨が脆くなってしまうのです。

閉経して、このエストロゲンの分泌量が減ってきますと、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつかず、骨が脆くなってしまいます。
そして、閉経を迎える50歳前後から骨量は急激に減少し始めます。そのため50歳になる前に一度は、骨粗しょう症の検査を受けるよう、お勧めいたします。

骨粗しょう症の診断にあたっては、骨密度検査、骨代謝マーカーの検査、X線検査、身長測定などが行われます。

骨の健康維持

骨の健康維持

骨粗しょう症は自覚しにくい病気のひとつです。外から骨の健康度を目で確認することは難しいため、40代を過ぎ女性ホルモンが減少し始める時期に入ったら、骨密度など骨の状態に気を配りたいところです。

食事面では、栄養バランスのとれた食事を基本に、小魚や乳製品、海藻類などカルシウムが豊富な食材を意識して摂取することが大切。

そして、適度な運動を取り入れて丈夫な骨を保ち、骨粗しょう症に備えましょう。

そのうえで考えたいのが、大豆由来成分エクオールの活用です。大豆や大豆食品に含まれる大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されてできるエクオールは、エストロゲンとよく似た働きをするため、エストロゲンが減少する時期の健康を支える働きが期待されています。

エクオールの摂取と骨密度の変化についての研究では、エクオールを産生しない45~60歳の閉経後女性93人を対象に、エクオール1日10mg摂取群とプラセボ(対照偽成分)摂取群の1年後の骨密度の変化を計測しました。

その結果、エクオールを10mg摂取したグループの骨密度の低下が有意に少ないことが証明されました。

ただし、エクオールを体内で産生できるのは日本人の約2人に1人といわれています。産生できない場合は、サプリメントでエクオールを直接摂取することも可能です。

骨の健康を維持することで、姿勢が保たれ若々しく見えるだけでなく、将来寝たきりになるリスクも低減されると考えられます。40代になったら、骨粗しょう症を予防する生活習慣とともに、定期的に骨密度を測定するなどし、いつまでも元気に歩ける体を保ちたいですね。

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症の発症には、老化や閉経以外にも食事・運動などの生活習慣が大きく関与しています。
骨粗しょう症は「骨の生活習慣病」とも言えます。
そのため食事・運動療法もこの病気の予防と改善には不可欠です。

ただし、注意したいのは骨粗しょう症との診断を受けたとき。
そうなると医療機関の指導のもと治療を行います。
治療の中心は薬物療法となります。

食事

骨粗しょう症の心配があるのならアルコールやカフェイン、リン(スナック菓子やインスタント食品)などの摂り過ぎには注意です。

大量のアルコールを摂取すると、カルシウムの吸収を妨げたり、尿からのカルシウムの排泄量を増やしたりします。

カフェインもまた、カルシウムの排泄を促しますので注意が必要です。
リンを摂り過ぎると、血液中のカルシウムとリンのバランスを保とうとして骨の中のカルシウムが血液中に放出されてしまい、骨密度の減少を招きます。

バランスの良い食事を心がけて置けば良いのですが、積極的に摂りたい栄養素としては、カルシウム・たんぱく質・ビタミンD・ビタミンKが挙げられます。

運動

また骨にとって運動は重要です。
骨は運動をして体重負荷を掛けることによって増加し、丈夫になります。

さらに筋肉を鍛えることで体をしっかりと支えられるようになり、バランス感覚も向上して転倒防止にもつながります。

骨量を増やすには、強度の高い運動をする必要は無く、ウォーキングのような軽度の運動でも十分に効果がありますから、とにかく長く続けてください。

治療

骨粗しょう症の症状が進むと薬物療法が必要になります。
医療機関の指示通り、食事療法や運動療法に併せて薬物療法を開始します。

骨粗しょう症 まとめ

女性に多い骨粗しょう症は女性ホルモンの現象と関わりあるというお話をしました。
骨量は、20~30歳頃の若い時期をピークに、加齢と共に減少していきます。
そして、閉経を迎える50歳前後から骨量は急激に減少し始めます。そのため50歳になる前に一度は、骨粗しょう症の検査を受けるよう、お勧めいたします。